ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

トミカ

トミカの泣き所が軟質樹脂のリアウィングで、この部分が歪んだ個体にちょくちょく当たる。それがわかっているからリアウィングのあるトミカはなるべく避けている。だがブガッティについては湧き上がる購買意欲を抑えきれず買っちゃったのである。トミカ No.37 ブガッティ シ
『トミカ No.37 ブガッティ シロン ピュアスポーツ』の画像

日産GT-Rは国産スポーツカーの中でも人気が高くミニカーも多数出ている。現在レギュラートミカだけでもNo.23、78、105と3種類も出ているのだからすごい。今回は78番のNISMOを紹介しよう!トミカ No.78 日産 GT-R NISMO 2020 モデル現在トミカのNo.23はNISMOではないGT-Rであ
『トミカ No.78 日産 GT-R NISMO 2020 モデル』の画像

憧れの国産スーパーカー、ホンダのNSXが2022年の12月で製造終了となる。オーディオ機器に例えるならナカミチドラゴンやヤマハのGTプレーヤーみたいなもんで、買えないとわかっていてもずっと売り続けてほしかったが、まあメーカーにも事情があるから仕方ない。今回はトミカの
『トミカ No.43 ホンダ NSX』の画像

マクラーレンといえば名門F1チームだ。しかし最近千円以下のF1ミニカーが全然出ないので、ミニカーファンにとっては市販車の方が馴染みがあるだろう。今回はカッコいいマクラーレンのトミカを紹介しよう。トミカ No.57 マクラーレン 720S車名は720馬力に由来している。実車は
『トミカ No.57 マクラーレン 720S』の画像

盆に手術を伴う入院をしたので給付金が出た。通院保証なしの最低限の契約だが差し引き6万円以上プラスになった。そんなわけでトミカの高い奴を買っちゃったよ!トミカ プレミアム 36 365 GTS4やっぱり保険は入っておいた方が安心だよね。スーパーカーブームの頃に大人気だっ
『トミカ プレミアム 36 365 GTS4』の画像

GT-Rのミニカーはレース用やパトカーなどのバージョン違いも含めてかなりたくさん出ている。千円以下で買える物はトミカ、マジョレット、ホットウィール、ブラーゴなどがある。この中で一番入手しやすいのはトミカだろう。トミカ No.23 日産 GT-Rボディの色はメタリックオレ
『トミカ No.23 日産 GT-R』の画像

今回はトミカのフェラーリを紹介しよう!初回限定カラーなのに発売日から日数が経過しても売れ残っていた。理由はわからない。トミカ No.120 フェラーリ SF90 ストラダーレ石目調の塗装だ。通常版はフェラーリ・レッドなのだ。フェラーリといえば赤なので通常版の方が人気が
『トミカ No.120 フェラーリ SF90 ストラダーレ (初回版)』の画像

フェラーリのミニカーはブラーゴが商品化の独占契約をしている。そのせいでブラーゴ以外のフェラーリ・ミニカーは無許諾の変なのばっかりだった。トミカから正式許諾品のフェラーリ・ミニカーが出るようになったのはとても良いことだと思う。トミカ No.11 エンツォ フェラー
『トミカ No.11 エンツォ フェラーリ』の画像

一般乗用車のハスラーのトミカはすでに製造中止になった。だが消防指令車のハスラーはまだ売っている。今回はそれを紹介しよう!トミカ No.106 スズキ ハスラー 消防指令車赤い車といえば郵便局と消防署の車だ。郵便局の赤い車は町中で頻繁に見かけるが消防署の車はあまり見
『トミカ No.106 スズキ ハスラー 消防指令車』の画像

時代はハイブリッド!ランボルギーニ初のハイブリッド車として注目されているのがシアンである。今回はランボルギーニ・シアンのトミカを紹介しよう。トミカ No.89 ランボルギーニ シアン FKP 37色は深緑に銀粉を混ぜたような色だ。実車の画像を見るともうちょっと明るい感じ
『トミカ No.89 ランボルギーニ シアン FKP 37』の画像

↑このページのトップヘ