ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

伝説のテレビ番組8時だョ!全員集合 毎週豪華なゲストが登場して番組を盛り上げていた。 ドリフとスターの共演はとても見応えがあった。 ホットウィール ドリフトスタ 2019年のHWレースチームのカラーリング。カーナンバー3番。 青色の塗装は微妙な濃淡があり瀬戸物みた
『ホットウィール ドリフトスタ』の画像

今回はジープのピックアップトラックだ。 ホットウィールのミニカーは荷物を積んだ状態を再現した物がたまにある。 これもそんな感じだ。 ホットウィール '67ジープスター・コマンド 後ろに何かくっついている。 オートバイだ。 リアルな造形。 前面。ウインチが再現
『ホットウィール '67ジープスター・コマンド』の画像

ミニカーで底の形状はあまり注目されていないような気がする。 普通に飾っていたら見えない部分だから当然だろう。 今回は底の形がカッコいいミニカーを紹介しよう! ホットウィール '69ダッジ・チャージャー500 色の濃さにムラがあり瀬戸物のお茶碗みたいな風合いに仕上が
『ホットウィール '69ダッジ・チャージャー500』の画像

車の玩具にはミニカー、プラモデル、ラジコンなどいろいろある。 全部別の趣味であり、ほとんどの人間はどれか一つにしか興味がない。 市民マラソン参加が趣味の人間が砲丸投げには興味を示さないのと同じだ。 ホットウィール オクタン ラジコンカーのようなデザインだが
『ホットウィール オクタン』の画像

昔フェラーリにシャークノーズの愛称で知られるF1マシンがあった。 1961年の156F1である。 ならばホットウィールはワニノーズで勝負だ! 最初はタツノオトシゴみたいだと思ったが商品名から判断するとクロコダイルだ。 4つのタイヤが剥き出しになっていて車高が低い。 こ
『ホットウィール クロック・ロッド』の画像

シボレーのエルカミーノというピックアップトラックがすごくカッコよかった。 こんな感じの車がもっとないかと思ったらライバルのフォード社から似たような形のが出ていた。 フォード・ランチェロである。 ピックアップトラックらしからぬスポーティーなデザイン。 ボディ
『ホットウィール '72 フォード・ランチェロ』の画像

ダンプトラックのミニカーはたくさん出ているが500円以下で買える製品は少ない。 トミカから2種類出ているがそれ以外は元ネタ不明のミニカーばかりだ。 HWにもなんかよくわからないのがあった。 ホットウィール バハ・ホーラー HWのバハ・ホーラーという製品は元々バン・ト
『ホットウィール バハ・ホーラー』の画像

マスタングの中でも初代は人気が高く今でも安いミニカーが発売されている。 そんなわけで今回は初代マスタングのホットウィールを紹介しよう! 色が変だぞ! まるで昭和時代のちんどん屋みたいだ。 だが造形は完璧だ。 前面。 ヘッドライトとグリル周辺の造形はミニカー
『ホットウィール '67フォード・マスタング・クーペ』の画像

シボレー・カマロはアメリカン2ドアクーペの中でも特に人気のある車だ。 実車は半世紀以上の歴史があり第6世代まで発展している。 今回は第6世代カマロのホットウィールを紹介しよう! カマロの現行車種である。 塗装は割と綺麗だった。 前面。 立体感のあるグリル。
『ホットウィール '18カマロSS』の画像

ホットウィールの謎車は魚類や便器をモチーフにした変な車が多い。 だがカッコ良くてまともな車もたまにある。 今回はまともなのを紹介しよう! ホットウィール マッスル・バウンド アメ車っぽい雰囲気。 謎車のボディ素材はプラスチックが多いがこれは合金だ。 彫りが
『ホットウィール マッスル・バウンド』の画像

↑このページのトップヘ