ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

プラモデルの塗装というのはすごく難しいのだ。 普通に綺麗に塗るだけでも難しいのだからサビや汚れを塗装で表現するのは名人レベルの技術が必要に違いない。 ミニカーの方が気楽でいい。 ホットウィール クラシック'55ノマド 車体のサビを表現した珍しいミニカーだ。
『ホットウィール クラシック'55ノマド』の画像

ランド・ローバーはイギリスの自動車会社だ。 軍用車のピンクパンサーはすごくカッコいいが複雑な形なので安いミニカーで発売するのは難しそう。 今回はもっと単純な形のランド・ローバーのミニカーを紹介しよう! ホットウィール ランド・ローバー・シリーズIIIピックアップ
『ホットウィール ランド・ローバー・シリーズIIIピックアップ』の画像

爽やかな朝。 窓から射し込む柔らかな光。 耳をくすぐる鳩の鳴き声。 「グルッポー!グルッポー!」 ホットウィール グルッポx24 グルッポー!(※リピート24回) パッケージ。クリアボディが美しいX-レイサーズ・シリーズの製品だ。 裏の説明イラストによるとフロント
『ホットウィール グルッポx24』の画像

ミニカーとレコードプレーヤーはどちらもクルクル回る丸い部品がついている点が共通している。 プレーヤーの隣にミニカーを飾るとレコード鑑賞がますます楽しくなるだろう。 その場合プレーヤーとミニカーのカラーリングは統一したい。 今使っているプレーヤー。つや消し黒
『ホットウィール カスタム'56フォード・トラック』の画像

ホットウィールと言えばカマロ、カマロと言えばホットウィール。 そのくらいカマロのホットウィールが数多く発売されている。 今回はHWPD(ホットウィール・ポリス・デパートメント)パトカー仕様のカマロを紹介しよう! ホットウィール '10カマロSS かなり綺麗な個体に当た
『ホットウィール '10カマロSS』の画像

自分にとって最高の謎車はレヴ・ロッドだった。 だが遂にそれを超えるホットでクールな謎車が登場した! 見よ! ホットウィール マッハ・スピーダー プロトタイプレーシングカーっぽい作りのカッコいい車だ。 どこから見てもカッコいい。 造形、色、タンポ印刷の模様
『ホットウィール マッハ・スピーダー』の画像

1960年代中盤全米にサイケデリックブームが巻き起こった。 このブームを先導したのはヒッピーと呼ばれる連中である。 今回はサイケデリックなペイントが施されたホットウィールを紹介しよう! ホットウィール '64シェビー・ノバ・ワゴン 変な模様がペイントされている。
『ホットウィール '64シェビー・ノバ・ワゴン』の画像

今回はホットウィールの消防指令車だ。 ただし実在しない車、いわゆる謎車である。 緊急車両をラインナップしたHWレスキューシリーズの製品だ。 消防指令車は普通赤色だと思うがこれは黒だ。アメリカは黒なのか。 日本の消防指令車は赤色しかないだろうと思って調べたら御
『ホットウィール ファスト・マスター』の画像

世界で最も生産された乗用車がフォルクスワーゲンのビートルだ。 なんと2000万台以上作られたというからインド人もビックリ! これだけ売れるとボディをいじったりエンジンを載せ替えたりして改造を楽しむ人も出てくる。 今回はビートルの改造車のホットウィールを紹介しよう
『ホットウィール フォルクスワーゲン・ケーファー・レーサー』の画像

高級乗用車でお馴染みのメルセデス・ベンツはレースの世界でも実績がある。 近年のF1GPでは勝ちっ放しだ。 今回はメルセデス-AMGのレース専用車を紹介しよう! ホットウィール '16メルセデス-AMG GT3 グループGT3のマシンだ。 巨大なリアウイングをしっかり再現。 ボ
『ホットウィール '16メルセデス-AMG GT3』の画像

↑このページのトップヘ