ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

映画の薀蓄サイトを読んでいたらアメリカ映画で一番多く使われている自動車ブランドは何かという話が出てきた。 シボレーと思ったが答えはクライスラーのダッジだった。 今回は何かの映画に登場しているかもしれないダッジ・チャージャーのホットウィールを紹介しよう! 目
『ホットウィール '15 ダッジ・チャージャーSRT』の画像

トミカサイズ(全長7cmくらい)のミニカーは重さ40gを超えると手の上に乗せた時に重く感じる。 残念ながらホットウィール製品は35g未満の軽い製品が多い。 だが今回は大丈夫!ずっしり重いホットウィールを紹介しよう! Hot Wheels Dodge Challenger Concept 見よ! 41グ
『ホットウィール ダッジ・チャレンジャー・コンセプト』の画像

テスラは電気自動車などを作っているアメリカの会社だ。 今回はホットウィールのテスラ・モデルSを紹介しよう。 このホットウィールはなかなかの力作なのである! 流れるようなボディーライン。 ドアミラーもあるぞ! 屋根全体がクリアパーツで前後の窓と繋がっている。
『ホットウィール テスラ モデルS』の画像

やはりホットウィールといえばアメ車だろう。 この前20カーパックを買ったらアメ車がたくさん入っていた。 今回は美しいボディーカラーのシボレーカマロを紹介しよう! 我が国では古来より紫は高貴な色とされている。アメリカは知らん。 側面の模様は海の底で海藻が揺ら
『ホットウィール '12 シボレー・カマロ ZL-1』の画像

ホットウィールから発売されている架空の車、通称「謎車」には実車っぽい物がたまにある。 今回紹介するスーパー・ブリッツェンもそんな感じ。 リアリティー溢れるかっこいいデザインだ! いわゆるプロトタイプレーシングカーの形だ。とてもかっこいい。 ルマン24時間レー
『ホットウィール スーパー ブリッツェン』の画像

昭和時代のアメリカ製乗用車というと、とにかく巨大で左ハンドルしか存在せず日本の道路事情に全くそぐわないという印象だった。 マイカーにしようなんて大それたことを考える日本人はいなかった。 スクリーンやブラウン管の中だけで見かける遠い存在だったのだ。 今回はそん
『ホットウィール '69 ダッジ・チャージャー 500』の画像

以前ホットウィールの20カーパックというミニカーの詰め合わせ商品を買ったのだ。 ランダムパックなのだがその中の4台がフォード・マスタングだった。 今回はその中から2015年式マスタングGTを紹介しよう! ホットウィール 2015 フォード マスタングGT 側面に描かれた黒と
『ホットウィール 2015 フォード マスタングGT』の画像

アメ車の中でも特に知名度が高いのがフォード・マスタングだ。 1964年から現在まで半世紀以上続いている人気の車である。 今回はホットウィールの初代マスタングを紹介しよう! 地味なブラウンカラーに艶を抑えたゴールドストライプ。 かなり上品に仕上がっている。 カ
『ホットウィール '65 マスタング ファストバック』の画像

ホットウィールには「謎車」と呼ばれる架空の車のミニカーがあるのだ。 謎車の中には洋式便器をモチーフにしたとんでもないデザインの物もある。 だが今回紹介するのはかなり常識的な形の謎車である。 ホットウィール オーダシャス 西友の駐車場が似合いそうなファミリー
『ホットウィール オーダシャス』の画像

この前ホットウィールのミニカー20台セットを買った。 そのうちの13台がアメ車だった。 今回はその中からフォード・マスタング・マッハ1を紹介しよう! 正面。 ヘッドライト周辺の黒色部分はプラパーツ。造形は細かく丁寧だ。 テールランプ部分の色の塗り分けはなく
『ホットウィール '70 マスタング マッハ1』の画像

↑このページのトップヘ