ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

オートバイは二輪、自動車は四輪。 だが三輪の乗り物にはオートバイもあれば自動車もある。 今回はそういうのを全部超越した四輪のオートバイを紹介しよう! ホットウィール モト・ウィング パッケージ。シリーズ名を表記する部分にはHW MOTOと書いてある。 MOTOはオートバイ
『ホットウィール モト・ウィング』の画像

今年シボレー・コルベットがモデルチェンジして最新モデルはC8となった。 おそらく今後ホットウィールもいろいろ出てくるだろう。 今回はひとつ前の世代になってしまったC7のレースモデルのHWを紹介しよう。 ホットウィール コルベットC7.R リアウイングの存在がレース専
『ホットウィール コルベットC7.R』の画像

人生常に前向きでありたい。 だが前が見えない場合はどうすればいいのか。 このホットウィールを買えば答えが見つかるかもしれない。 ホットウィール ロジャー・ダッジャー2.0 架空の車のミニカー、いわゆる謎車だ。 上面にはファイヤーパターンが印刷されている。 岩山
『ホットウィール ロジャー・ダッジャー2.0』の画像

今年はビートルズのホットウィールが発売されて話題になった。 映画が大ヒットしたクイーンのHWも出るのかと思ったがそれは出なかった。 仕方ないから今回はトランプのクイーンがプリントされたHWを紹介しよう! ホットウィール '56フォードF-100 これの実車にはピックア
『ホットウィール '56フォードF-100』の画像

今回は食べ物と調理器具をモチーフにしたホットウィールの謎車を紹介しよう! HWには洋式便器をモチーフにした謎車もある。 食事から排泄まで人間の生命活動に関わる全ての物がHWの素材になるようだ。 ホットウィール ストリート・ウィンナー 後部の黒い衝立みたいな物はす
『ホットウィール ストリート・ウィンナー』の画像

シボレーブランドで特に人気の高いスポーツカーがカマロだ。 そしてカマロのドラッグレース専用マシンがCOPOカマロなのである。 今回は初代COPOカマロのホットウィールを紹介しよう! なんか地味なカラーリングだ。 塗装にはブツブツがありあまり綺麗ではない。 印刷は微
『ホットウィール '68COPOカマロ』の画像

ダイソーの店頭でバギーのミニカーを見かけなくなった。 トミカのラインナップにバギーはない。 その手のミニカーが欲しければホットウィールに期待しよう! ホットウィール デューン・ダディー 直訳すると砂丘父ちゃんである。 塗装は銀粉の混じっていない普通の白色だ
『ホットウィール デューン・ダディー』の画像

トミカのラインナップからピックアップトラックが完全消滅してしまった! だがホットウィールからたくさん出ているから大丈夫。 有名な王妃も言っていた。 「トミカがなければホットウィールを買えばいいじゃない」 ホットウィール '19フォード・レンジャー・ラプター いか
『ホットウィール '19フォード・レンジャー・ラプター』の画像

フォーミュラマシンの安いミニカーは絶滅寸前だ。 F1のミニカーが出なくなったのが原因。 今後はインディカーなどF1以外のカテゴリーに期待するしかないだろう。 ホットウィール インディ500オーバル F1と違ってインディ500では全チームのマシンが同じ車体なのだ。 この
『ホットウィール インディ500オーバル』の画像

バブルが弾けて日本経済は長く暗いトンネルに突入した。 あれから長い月日が流れたが今も闇の中だ。 夢よ再び!バブルよもう一度! ホットウィール バブル・マチック 架空の車のミニカーいわゆる謎車である。 黄色い輪っかが怪しい。 やっぱり動いた。 なんだこれは。
『ホットウィール バブル・マチック』の画像

↑このページのトップヘ