ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

マクラーレンのミニカーは屋根が透明なのが多い。HWではその部分がブリスターパックの内側に擦れて傷だらけになっている個体にちょくちょく当たる。アレなんとかなりませんかね。ホットウィール マクラーレンP1実物のリアウイングは位置を上下動できるがこのミニカーでは固定
『ホットウィール マクラーレンP1』の画像

ホットウィールの国産車は大仰なフェンダーやスポイラーを装着してレースカーっぽく改造したのがたまにある。初代セリカのように高度に完成されたデザインの車まで改造しちゃってるのだ。今回のサバンナRX-3もそんな感じだった。ホットウィール マツダRX-32ドアクーペのサバ
『ホットウィール マツダRX-3』の画像

今回紹介するミニカーはホットウィールだが低価格のベーシックカーではなく高い奴だ。つい最近ヤマダ電機で買ったのだが発売日を調べたら2020年の4月だった。一年以上売れ残っていたのか再生産があったのかは不明。ホットウィール GJR65 Mazda RX-7 FDワイルド・スピードとい
『ホットウィール GJR65 Mazda RX-7 FD』の画像

ダイソーのトヨタ タンドラはホットウィールのコピー商品ではないかと噂されている。そこで今回は同じクルマのホットウィールと比較してみよう。果たして噂通りコピー商品なのか、それともたまたま似ちゃっただけなのか。ホットウィール トヨタ タンドラこちらはダイソーのト
『ホットウィールvsダイソー トヨタ タンドラ』の画像

ホットウィールは特定販売店でのみ購入可能な限定モデルを発売することがある。トイザらス限定品というのもあればAmazon限定カーパックというのもあった。今回紹介するのはヤマダ電機限定発売のオレンジ&ブルーという商品だ。ホットウィール カスタム キャデラック フリート
『ホットウィール カスタム キャデラック フリートウッド』の画像

今回はポルシェ914のホットウィールである!実車はスーパーカーブームの頃すでに存在していたが911や934に比べると知名度も人気もかなり低い。今後トミカプレミアムで発売される可能性はゼロに近いのではないだろうか。ホットウィール ポルシェ914サファリラリーカー仕様での
『ホットウィール ポルシェ914サファリ』の画像

普通のトミカは国産車中心だが実物が現行の製品しか新発売しない方針らしい。いわゆる「旧車」はトミカプレミアムなどの高価なシリーズから出る。ホットウィールのベーシックカーは日本の旧車も出る。ホットウィール ホンダS2000トイザらス限定販売品のはずだがアマゾンで買
『ホットウィール ホンダS2000』の画像

今回はフォードFシリーズのホットウィールである。このミニカーの形が先日紹介したSikuレンジャーとよく似ているのだ。Sikuの元ネタはフォード・レンジャーではなくこっちかもしれない。ホットウィール '99フォードF-150 SVTライトニングこれが前回紹介したSikuレンジャー。
『ホットウィール '99フォードF-150 SVTライトニング』の画像

地上最速のピックアップトラックを目指してGMが製作したのがGMCサイクロンである。最速を目指すなら2ドアクーペとかでやれよと思うが米国のピックアップトラック人気は我々日本人が想像する以上にすごいのでこういう車が出てくるのであった。ホットウィール '91GMCサイクロン
『ホットウィール '91GMCサイクロン』の画像

やはりミニカーはズッシリ重い物が良いと思うがホットウィールはトミカに比べて軽い。クーペやセダンはたいてい30グラム台後半が関の山で40グラムを超える物は少ない。だが今回のシェベルは40グラムを超えているのだ。ホットウィール '70シェベルSSこの画像では後輪が大きく
『ホットウィール '70シェベルSS』の画像

↑このページのトップヘ