ミニカーのレビューブログ2

ミニカーのレビューブログ2 イメージ画像

ホットウィール

最近の安いミニカーではJPSカラーやマルボロカラーを見かけなくなった。タバコメーカーは駄目らしいのだ。タバコと無関係な企業やブランドのカラーリングなら問題ないのでHWでもたまに出る。ホットウィール '69 COPOカマロファルケンカラーと呼ばれる実在する模様だ。水色と
『ホットウィール '69 COPOカマロ』の画像

ホットウィールは後ろのタイヤが大きい物がありそういう車はたいてい前傾している。後傾した車はあんまりないけど全くないわけじゃなく、たまにある。今回の車も後傾していた。ホットウィール  '87 ダッジ D1002021年のHWレースチームのカラーリングだ。で、真横から見ると
『ホットウィール  '87 ダッジ D100』の画像

今回のミニカーはチョロQみたいな形だがホットウィールなのだ。もちろんゼンマイは入っていない。手で転がして遊ばなければならない。ホットウィール '70フォルクスワーゲン・バハ・バグ2020年に出たばかりの新しい製品だがすでに6種類のカラバリが存在する。前につんのめった
『ホットウィール '70フォルクスワーゲン バハ バグ』の画像

今回は栓抜きの機能がついたわけのわからん謎車である!コーラもサイダーも最近はアルミ缶かペットボトル入りでガラス瓶の製品は見かけない。今どき栓抜きが必要な飲み物って瓶ビールくらいじゃないだろうか。ホットウィール カーボネーターなんかヌメーっとした感じ。前後に
『ホットウィール カーボネーター』の画像

以前ガルフカラーのポルシェのHWを買ったのだがタンポ印刷が汚くて失望した。だが今回のオールズモビル442は大丈夫。塗装も印刷もとても綺麗な個体に当たった。ホットウィール '67 オールズモビル442水色にオレンジのラインが鮮やかだ。上面のオレンジの直線にも歪みはない。
『ホットウィール '67 オールズモビル442』の画像

酒もタバコもやらないけどチョコやアイスが大好きなので健全な食生活とは言えない。で、こないだ健康診断の結果が出たが血糖値は正常だった。毎年正常なんですわ。長年続けている一日30分の踏み台昇降運動の成果が見事に出ている。フッ。ホットウィール ドーナツ ドリフター
『ホットウィール ドーナツ ドリフター』の画像

ソーラーカーというとマイナーなレースの印象しかなかったが今年遂に市販の乗用車が出るらしい。地球環境に良い車なので将来主流になる可能性が高い。そうなるとミニカーもソーラーカーをモデルアップした製品が多くなっていくだろう。ホットウィール HWフォーミュラソーラー
『ホットウィール HWフォーミュラソーラー』の画像

今回は銀色のメッキが眩しいホットウィールである。モデルガンの場合、同じ形でもプラの地肌の物よりメッキした製品の方が若干値段が高い。だがホットウィールのベーシックカーでは他と同価格なのでお得だ。ホットウィール ダバンスネイター架空の車、いわゆる謎車である。残
『ホットウィール ダバンスネイター』の画像

昭和時代に流行した早口言葉が「バスガス爆発」(x3)である。バスの放火事件というのはあったがバスのガス爆発事故は見たことも聞いたこともない。ツチノコだのネッシーだの口裂け女だの誰も見たことない物が流行した奇妙な時代だった。ホットウィール エイント・フェア見ての
『ホットウィール エイント・フェア』の画像

暑いー。今年もやっぱり猛暑だ。そこで今回は皆さんに少しでも涼しくなってもらおうと冷涼感のある謎車を紹介しよう。このブログの半分は優しさで出来ているのだ。え?残りの半分は何かって?勘違いとか思い込みとかじゃないでしょうか。ホットウィール マッド・スプラッシュ
『ホットウィール マッド・スプラッシュ』の画像

↑このページのトップヘ