今回はカナダのバタット(Battat)社が発売したミニカーを紹介しよう。
ゼンマイ内蔵のプルバックカーと呼ばれるジャンルの製品だ。
パッケージやミニカー本体に実車の社名や車名は記載されていない。
aP1140682
Driven プルバックカー WH1125Z

aP1140683
プラボディとプラシャーシの軽量級ミニカー。

実はこのミニカーは4台セットで販売されている。

aP1140679
赤いクラシックカーだけ欲しかったのだがバラ売りはしていないみたいなのだ。

aP1140696
前面。

aP1140705
細かい網目模様には潰れや歪みは一切ない。素晴らしい成形技術だ。

aP1140706
ホットロッドの正統的改造手法によりボンネットが取り払われている。

aP1140697
側面。後輪が大きめにデフォルメされいる。

aP1140707
前輪はタイヤとホイールが一体成型のプラパーツ。銀メッキが綺麗だ。

aP1140709
後輪はタイヤとホイールが別々のパーツになっている。タイヤはゴムでスリップせずにしっかり走る。

aP1140710
窓の部分がちょっと安っぽい。ボディと一体で灰色に塗りつぶされている。
サイドミラーが再現されているので感心した。

aP1140698
後面。

aP1140711
ナンバープレート、テールランプ、排気口が再現されている。
このミニカーはなかなかディテールに凝っている。

aP1140723
底の造形も凝っている。
この画像ではわかりにくいが驚異的に小さな文字で中国製を示す表記がある。

aP1140724
全長はホットウィールのベーシックカーと同じくらいだ。

aP1140725
ものすごく軽いので手にとった時の高級感はない。
だがプルバックカーは軽いほどよく走るのでこれでいいのだ。

aP1140713
ボディがプラスチックなので金属のHWと並べると少々安っぽいが形のカッコよさでは負けていない。

走行性能は最高だ。
内蔵のゼンマイがとても優秀でほんのちょっと後ろに引っ張って手を離すと強烈な勢いでダッシュする。
まさに走りの美学を追求したミニカーだ。