1970年代に我が国を襲った空前のスーパーカーブーム!
ブームの火付け役となったのが週刊少年ジャンプに連載されていた池沢さとしの漫画サーキットの狼である。
そして主人公風吹裕矢の愛車がロータス・ヨーロッパ・スペシャルなのであった。
そんなわけでトミカのロータスヨーロッパスペシャルを買った。

一緒に写っているのはサーキットの狼のカード。


このマンガにはロータス以外にもトヨタ2000GTなどカッコいいスーパーカーが数多く登場した。


実に雄々しい姿。まさに狼。スケールは1/59。
サスペンション機構が再現されておりボディを上から軽く押すと車体が沈む感触がある。


前面。


側面。


ホイールの精密感がすごい。


後面。


ものすごく細かく三色に塗り分けられた後部ランプ。


28グラム。


風吹裕矢の愛車はホワイトに赤いラインが入ったカラーリングでリアウイングがついていた。
スーパーカーブームの頃に一番人気だった車はランボルギーニ・カウンタックだが漫画の影響でこっちの方が好きだった人は多いのではないか。