アマゾンのショッピングカートに保存していたトミカのルノーフォーミュラマシンの値段がガクッと下がったので買った。
参考価格486円に対して購入価格は255円。
実に良い買い物であった。
というわけでこの前買ったダイソーのF1ミニカーと比較してみよう。

青い方がダイソーのミニカー。元になった実車は不明。100円(税別)。


トミカは各パーツが肉厚で全体的にずんぐりして迫力がある。


底面はどっちもプラ製。上がダイソー下がトミカ。ダイソーはプラスドライバーで分解できる。


ダイソーはサイドミラーから車載カメラまで再現。


全長はわずかにダイソーが大きい。


前輪の大きさはほぼ同じ。


だが後輪はダイソーの方が大きい。
トミカのフォーミュラマシンは前輪も後輪も同じ大きさなのだ。


後方から見るとダイソーの方が迫力がある。

カメラで写す時トミカは机の天板の微妙な傾きに反応してゴロゴロ転がるのでやりにくかった。
これはトミカのタイヤの回転がスムースで走行性能が優れているということだ。ダイソーの方は勝手に転がることはなかった。重さも関係しているだろう。


ダイソー14グラム。


トミカ26グラム。

トミカの方がかなり重い。
飾って眺めるならダイソー。
ころころ転がして遊ぶならトミカがいい。