巨大な物に対して畏怖の念を抱くというのは全ての動物の本能なのである!
だがそれを手のひらサイズに凝縮して手元に置くのは人間だけに許された特権である!
tomica-hitachi-dump (19)
トミカ №102 日立建機 リジッドダンプトラック EH3500ACII

tomica-hitachi-dump (20)
これの実車については名前すら知らないのだがなんかカッコいいから衝動買いした。

tomica-hitachi-dump (18)
形は左右非対称なのだ。

tomica-hitachi-dump (21)
なんか強そう。

tomica-hitachi-dump (22)
前面についている斜めの棒みたいなのはなんだろう?

実はこれは階段なのだ。
tomica-hitachi-dump (9)
黒い部分が運転席でそこに上がるためについている。

でもこれ運転席と車の横幅との比率がおかしいような気が・・・
だいたい運転席まで階段登ってやっと到着ってどういうこと???
そう思ってネットで調べてみると驚きの事実が判明!
なんと実車の横幅は約8メートル、高さは約6.8メートルもあるというのだ!
は、8メートル・・・これはもう車ではない。動く要塞だ!
tomica-hitachi-dump (4)
ちなみにスケールは1/185である。

後ろ姿。
tomica-hitachi-dump (23)
後輪がダブルになっているので6輪車だ。
昔タイレルP34という6輪のF1マシンがあった。

tomica-hitachi-dump (17)
荷台を上げ下げできる。

tomica-hitachi-dump (5)
全長は68.6mmでトミカの標準的なサイズ。

aP1150083
実測重量はなんと99グラム。
トミカのトヨタ2000GTが48グラムなので倍以上だ!

aP1150080
底がプラスチックのトミカはふつう軽いのだがこのダンプの場合は十字架みたいな形で面積が小さいのであまり重さへの影響がなかったようだ。
全長は一般的なトミカと同じサイズだが高さがあるのですごく巨大に見える。
このダンプカーは机の上よりもカーペットの上の方が滑らかに走る。