今回はアメリカのドラッグレースマシンと日本の暴走族の車が混じり合ったようなミニカーだ。
いわゆる和洋折衷である。
しかし製造元は日本でもアメリカでもなく香港の会社なのだった。
metal-machines-poison-ivy (2)
メタルマシーンズ ポイズン・アイビー

metal-machines-poison-ivy (3)
車名に相応しい毒々しい紫色のボディ。

metal-machines-poison-ivy (14)
ボディの輝きが素晴らしいので一見合金みたいだがプラスチックなのだ。

metal-machines-poison-ivy (15)
こういう形のミニカーが米国ではなく香港の会社から出たのは驚きだ。

metal-machines-poison-ivy (4)
前面。

metal-machines-poison-ivy (8)
アメリカンな雰囲気のスーパーチャージャー。

metal-machines-poison-ivy (7)
日本の暴走族っぽい感じの巨大なフロントスポイラー。

metal-machines-poison-ivy (5)
側面。

metal-machines-poison-ivy (9)
内装パーツには綺麗なメッキ処理が施されている。

metal-machines-poison-ivy (11)
横出しのマフラーもメッキパーツ。

metal-machines-poison-ivy (6)
後面。

metal-machines-poison-ivy (10)
カーナンバーが入っているのでやはりドラッグレース用のマシンという設定なのだろう。73番。

metal-machines-poison-ivy (12)
このシリーズは底が合金なのだ。

metal-machines-poison-ivy (13)
28グラムしかない。
手で持つととても軽く感じる。
ホットウィールはボディがプラの製品でも30グラムを超える物が多い。