出来れば一生お目にかかりたくない節足動物ナンバーワンがサソリだろう。
「あっ!背中にサソリがいるよ!」「ギャー!取ってくれー!」
今日も世界中でこんな会話が交わされているに違いない。
metal-machines-scorpio (2)
メタルマシーンズ ブラックスコーピオン


metal-machines-scorpio (3)
このミニカーの海外での販売名はScorpioだが日本ではブラックスコーピオンに名称変更された。


metal-machines-scorpio (8)
サソリというより海洋生物のエイのイメージなんだよなあ。


metal-machines-scorpio (7)
ボディはブラックではなく灰色なのである。


metal-machines-scorpio (4)
前面。


metal-machines-scorpio (11)
オレンジ部分は底と繋がった合金パーツだ。


metal-machines-scorpio (13)
灰色の窓ガラスの奥にメッキされた内装パーツがキラリと光る。


metal-machines-scorpio (6)
側面。


metal-machines-scorpio (12)
タイヤとホイールは一体成形のプラスチックパーツだ。

回転は滑らかで素晴らしい走りを堪能できる。

metal-machines-scorpio (5)
パッと見では前面との区別がつきにくい後面。


metal-machines-scorpio (9)
このシリーズは底のパーツの固定が甘い個体が多いみたいだ。

これも微妙なガタツキがある。
シリーズ共通の持病と思って諦めるしかない。

metal-machines-scorpio (10)
29グラム。

薄っぺらくて体積が小さいせいかそれほど軽く感じない。