今回はメタルマシーンズのジオブルーという車を紹介しよう!
海外ではKineticの名称で販売されているのだがなぜか日本ではジオブルーという車名に変更されたのだ。
変更の理由は地球上の誰も知らない。
Zuru-Metal-Machines-KINETIC (1)
メタルマシーンズ ジオブルー


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (2)
メタルマシーンズの発売元はバンダイ傘下のシー・シー・ピーという会社だ。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (3)
実在しない架空の車だが多くの人に受け入れられそうな無難さがある。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (4)
使用素材はボディがプラで底が合金。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (10)
前面。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (6)
シャンプーハットのような凝った形状の屋根。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (12)
側面。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (8)
タンポ印刷は鮮明でとても綺麗だ。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (7)
タイヤの接地面は複雑な凹凸状になっている。

ホイールの回転はなめらかだ。

Zuru-Metal-Machines-KINETIC (5)
車内はメッキされている。

フロントガラスが色付けされているので光を受けると神秘的な色に輝く。

Zuru-Metal-Machines-KINETIC (11)
後面。白い文字が天地逆になっているのはなぜなのか。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (9)
細かい部分までシャープな造形だ。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (13)
底の造形にも手抜きはなかった。


Zuru-Metal-Machines-KINETIC (14)
30グラム。

ごつい見た目のわりに軽いのだ。