今年一番のニュースといえば株式会社シー・シー・ピーからミニカーの新シリーズメタルマシーンズが発売されたことだろう!
ゼンマイなどの動力無し。トミカと同じように手で転がして遊ぶタイプの製品である。
今回はこのシリーズから一台紹介しよう!

メタルマシーンズ ホワイトファング


架空の車だ。このシリーズはホットウィールの謎車と似たようなコンセプトで作られているようだ。


ボディはプラ。塗装なしでプラの地肌の上にタンポ印刷が施されている。


パッケージまでホットウィールに似ている。良く見ると日本語の部分だけシールだった。
ニュージーランドで設立され現在は香港に本社を置くZURUという海外メーカーのミニカーを国内発売したのだ。


パッケージ裏にも日本語を印刷したシールがベッタリと貼られている。

zule-metal-machines-white-fang (8)
前面。

zule-metal-machines-white-fang (17)
ライト部分の色塗りはないが造形はシャープだ。

zule-metal-machines-white-fang (10)
側面。前後のタイヤは同じ大きさ。

zule-metal-machines-white-fang (13)
車内もきっちり再現されている。シート、ダッシュボード、ハンドルの存在を確認した。
メッキされていて綺麗だ。そこらの激安ゆるミニカーとはレベルが違う。

zule-metal-machines-white-fang (14)
タンポ印刷も綺麗だ。掠れやインクの飛び散りなどは一切ない。

zule-metal-machines-white-fang (15)
ホイールの金メッキがキラリと光る。タイヤの回転は滑らかで素晴らしい。

zule-metal-machines-white-fang (19)
後面。

zule-metal-machines-white-fang (16)
テールランプ部分はメッキパーツという凝った作り。

zule-metal-machines-white-fang (11)
全長は73.7mm。トミカやホットウィールの標準的な製品とだいたい同じくらいだ。


底は合金パーツ。分解不可能。


軽い。28グラムしかない。
おそらく同ブランドから発売されているスタントコースを走らせるのに最適な重さなのだろう。
定価は税込み275円。
現在ヨドバシカメラなどで販売中。