マセラティはスーパーカーブームの頃にメラクやボーラなどが大人気だった。
21世紀になってからもカッコいい車を出している。
そんなわけでジョーゼンのマセラティを買った。

ゼンマイ内蔵。いわゆるプルバックミニカーというジャンルの商品である。


ジョーゼンという会社のキャストワールドというシリーズだ。
キャストビークルという似たような名前のシリーズがあるがそれは別の会社が発売している。


購入時は台座に2本のネジで固定されているのでプラスドライバーが必要。


前面。


グリルのシャープな造形。真ん中のマセラティのエンブレムもリアルに再現。


ライトはクリアパーツだ。


側面。


各部の印刷はクッキリ鮮明。


サイドミラーはぶつけたら壊れやすそう。
定価が30円くらい高くなってもいいから取り外し可能にしてほしかった。


ドアは開く。合金とプラの二層構造で分厚い。


定価千円以下のミニカーでドアの裏側がこれほどリアルな物は珍しいのではないか。


運転席周辺もすごい再現度だ。


全てにおいて完璧と思われたこの製品唯一の欠点が後部座席。
ゼンマイ内蔵の影響で丸太のような出っ張りがある。
こういう荷物を載せていると思えば我慢できないこともない。


タイヤはPVCという素材。


後面。ワイドな後輪がカッコいい。


後部のライトもクリアパーツ。綺麗だ。


マフラー周辺のモールド加工も精密。どこを見てもすごい!


底にはRMZ CITYという表示がある。調べたら香港の会社が出しているミニカーブランドだった。


重さは100グラムを超えている。


全長124mm。トミカを見慣れた目には巨大に見える。
スケールは約1/39。

プルバック機能で走らせてみた。
20センチくらい後ろに引っ張っただけでゼンマイの巻き上げに限界を感じる。
6畳間の長辺の端から端までは走破できた。
遊ぶ時はサイドミラーをぶつけないように気をつけよう!