犬と猫どっちが好きかと聞かれたら多くの人が即答できるだろう。
だが馬と牛ならどっちだと問われたら難しいのではないか。
このミニカーを買えば馬が好きになるかもしれない。

100円ショップのセリアで売っているフェラーリ458だ。
発売元は成近屋という会社。


乗用車シリーズの製品だ。このシリーズは塗装がすごく綺麗なのだ。


牛と馬。


前面。


ボディーのモールド加工が素晴らしい。ライトの輪郭線もクッキリ鮮明。


フロントガラスにはワイパーがあるので雨の日も安心だ。


側面。


給油口がある。


ドアガラスは省略されているが三角窓のガラスは再現。
コストの範囲内で極限までリアリティーを追求したようだ。


ゆるミニカーと呼ばれる激安ミニカーはハンドルが省略されることが多いがこれにはある。


ホイールのメッキは綺麗だが回転性能は最悪だった。


後面。部品の精度が最悪で傾いている。


エンジンまで再現されているので感動した。


底には文字情報が一切ない。普通は製造国くらい書いてあるのだが。
車軸周辺の設計か製造が悪いみたいでタイヤはガッタガタでグラグラ。


30グラム。


全長85.1mm。
スケールは1/53くらいだ。