昭和時代に流行した早口言葉が「バスガス爆発」(x3)である。
バスの放火事件というのはあったがバスのガス爆発事故は見たことも聞いたこともない。
ツチノコだのネッシーだの口裂け女だの誰も見たことない物が流行した奇妙な時代だった。
aP1170957
ホットウィール エイント・フェア

aP1170958
見ての通りバスである。

aP1170955
屋根が合金、ボディがクリアプラスチック、底が灰色のプラスチックという組み合わせ。

aP1170956
屋根の真ん中あたりにクリアプラスチックがはめ込んであって綺麗。

aP1170961
前面。

aP1170980
行き先の表示部分は小さな点々で表現された凸文字。すごく凝っている。

aP1170978
アメリカの路線バスは自転車が積めるのでそれが再現されている。

aP1170964
左側面。すごく前傾している。

aP1170979
タンポ印刷の面積がかつてないほど大きい。内装は銀メッキだ。

aP1170965
右側面。

aP1170982
ドアがこちらにあるので車が右側通行の国で使うバスということになる。

aP1170962
後面。

aP1170981
後面にはタンポ印刷がないが灰色と銀色のツートンカラーで綺麗だ。

aP1170972
底。リベットはキッチリと打ち込まれていた。

aP1170971
37グラム。
体積は大きいけどそんなに重くない。