アニメや特撮の版権が絡んだトミカはすごく値段が高い。
だがバットマン関連のホットウィールは他のベーシックカーと同じ価格で売られている。
どういう事情があるのか知らないが購入する側にとっては嬉しいことだ。
aP1170450
ホットウィール バットコプター

aP1170449
タンポ印刷は一切ない。
以前購入したバットモービルにもなかった。
版権料によるコストアップを相殺するために省略したのかもしれない。

aP1170451
ブレードは指でクルクル回して遊べる。

aP1170452
ボディは銀粉の混じったメタリックな紫色。

aP1170459
前面。

aP1170466
キャノピーはクリアパーツではない。
しかも黄色なのですごく変だ。なぜ黒色にしなかったのか。
まことに遺憾である。

aP1170460
側面。

aP1170461
後面。
パーツの組み立ては高精度で歪みがないのが嬉しい。

aP1170467
後端の小さな回転体は無可動のダミーとなっている。

aP1170472
車以外の乗り物をミニカーシリーズで発売する場合、底にタイヤをつけて無理やり車っぽくすることが多いがこのHWにそんな小細工はない。

aP1170468
底にはDCコミックの凸文字がありちゃんと権利者の許可を取っているのがわかる。
購入した全ての人々がこの部分を見るたびに、決して妥協せずに一流の商品を選んだ自分を誇りに思うに違いない。

aP1170473
23グラム。
数字だけ見ると軽そうだが車にくらべて細身のせいか手に取ると重く感じる。