憧れの国産スーパーカー、ホンダのNSXが2022年の12月で製造終了となる。
オーディオ機器に例えるならナカミチドラゴンやヤマハのGTプレーヤーみたいなもんで、買えないとわかっていてもずっと売り続けてほしかったが、まあメーカーにも事情があるから仕方ない。
今回はトミカのNSXを紹介しよう!
aP1160485
トミカ No.43 ホンダ NSX

aP1160486
ボディの塗装は赤色の上にクリアの膜があるような感じ。

aP1160491
やっぱりトミカの塗装は完璧だ。

aP1160492
この車もホットウィールと競作となった。

hot-wheels-honda-acura-nsx (2)
ちなみにこれがホットウィールのNSX。こちらも素晴らしい完成度なのだ。

aP1160493
前面。

aP1160504
フロント部分はライトもグリルもボディと一体の合金パーツ。
精密な凹凸と着色で見事に再現している。

aP1160496
側面。

aP1160501
屋根は濃い灰色に塗ってある。

aP1160506
国産車のトミカはドアやボンネットなどが開くのが多いがこれは一切開かない。

aP1160495
後面。

aP1160505
拡大した画像なのでボディとシャーシの間の隙間が大きく見えるが、肉眼で見るとちゃんとピッタリ嵌っている。

aP1160509
底はすごくあっさりしている。サスペンションあり。1/62と書いてある。

aP1160512
37グラムしかなかった。
ドアが開かないのだからもうちょっとズッシリ感がほしかった。

トミカ No.43 ホンダ NSX (箱)
タカラトミー(TAKARA TOMY)
2016-12-17